×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜情報発信局〜

ホームページで小遣い稼ぎ

アクセスアップサイトの紹介

Google
ホームページを運営していて一番頭を悩ますのが「アクセスアップ」です。

せっかく苦労してお小遣いサイトを作ったのに訪問者がいなければお小遣い稼ぎどころか、サイトの創作意欲さえなくなってきます。

そこでこのページではみなさんが作ったHPを大勢の方に見てもらう方法として、ホームページ運営者にはかかせないアクセスアップサイトを紹介しています。
アクセスアップサイト等を活用すれば、瞬間的なアクセスアップから持続的なアクセスアップのものまで多種ありますので、とりあえず一通りは活用してください。

下の表以外にも「検索エンジンリンク集」にて個人サイトの検索エンジンの掲載をしておりますので、時間のある限り登録しまくってください。その努力がアクセスアップ、つまりあなたのお小遣い稼ぎの報酬となって返ってくるのです。アクセスアップ無くして小遣いを稼ぐことは不可能なのです。

また、グーグルのページランクを上げるには相互リンクも有効なのでオススメします。
ページランクが上がると検索時に上位表示されやすくなるので結果的にアクセスアップにつながります。
相互リンクの仕方としては、「お小遣い」や「副収入」等自分のサイトと関連深そうなキーワードで検索をかけ、そこで表示されたサイトさんに連絡をし、相互リンクのお願いをします。
人気サイトさんは相互リンクの申込も多いので募集の一時停止中とかが多いかもしれませんが、探せば結構相互リンク募集をかけているところも多いので、相手の失礼のないようにちゃんと相互リンクの説明を読み申込してください。

その際に、管理人さんの許可なしにバナーを直リンクをしては絶対にいけません

またバナーを貼る方法としては、ホームページビルダーの例で説明しますが、直リンクをしてはいけないってことはされてもいけないことなので相互リンクの場合は特に注意しましょう。
早速本題のバナーの貼り方についてですが、
@ 相互リンクをお願いしようとするサイトの「相互リンクのお誘いはこちら」等と書かれたページに行き、バナーを見つける。
A バナーを「右クリックし」「名前をつけて画像を保存」を選択。
B あなたのホームページを収納しているフォルダに適当な名前(半角英数字で)をつけて保存。
C ホームページビルダーを開き、バナー貼りたいところにカーソルを合わせ、ツールバー(画面の一番上の「ファイル」や「編集」等があるところ)の「挿入」→「画像ファイル→「ファイルから」を選択。
D 先ほどダウンロードした画像を選択する。
以上でバナーは貼れましたが、そのバナーにリンクを挿入することもできます。つまり、そのバナーをクリックすると相互リンクサイトのホームページに跳ぶことが出来るのです。そのやり方を、またもホームページビルダーで説明すると、
@ 相互リンクサイトのリンクしたいページ(主にトップページ)のアドレスをコピー等で一時的にでも保存しておく。
A ホームページビルダーの画面の先ほど貼り付けたバナーを「右クリック」し、「リンクの設定」を選択する。
B 「URLへ」を選択し、「ファイル」欄に先ほど覚えさせていたアドレスを入力する。(「ファイル」欄で右クリックし「貼り付け」で先ほど覚えさせたアドレスが出ます。)
C サイトを転送させて、ホームページ上で確認するなどしてリンクを確認して完成です。

ここに「お小遣い」や「副収入」等の言葉を入れて検索すれば
色々なお小遣い系サイトが出てきます。
Google

テキチェン
「テキチェン」は、審査が通ると、あなたのHPにテキチェンのバナーを貼ります。
そのバナーの中にはテキチェンのスポンサーのテキストバナーのほかに他のテキチェンユーザーのHP紹介文も載っています。つまりあなたのHPの紹介テキストも他の人のサイトのテキチェンバナーに紹介され、アクセスアップが望めます。
しかも、あなたのHPのテキチェンバナーを訪問者がクリックすると1クリックに付1円、その上あなたのHP経由で他の人がテキチェンを設置するとあなたに紹介金100円、その人の獲得報酬額の20%を、あなたは受け取ることができます





一発太郎
ホームページのアクセスアップを望むのなら検索エンジン(代表的なものとしてはヤフーとかグーグルなど)に登録しなければなりませんがこれらを1つ1つ自分で登録するのははっきり言ってかなり手間がかかります。
しかしこの一発太郎を使えばグーグルやインフォシークなど国内25カ所の検索エンジンに自動登録できます。
ヤフー等の審査登録型検索エンジンには手動で登録依頼しなければなりませんが、無料一括登録サービスでヤフーに対応しているのは現在のところこの「一発太郎」だけです。